今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

自分が死ぬリスク

姫を妊娠した時に

旦那っちは保険に入った。

健康にはあまり心配していなかったけど、

家族がもう1人増える時に、

相談しに2人で窓口へ通った。


知らないことがいっぱいあったが、

担当者は丁寧に教えてくれた。


旦那っちが病気になった時のことが心配で入った保険。死亡保険にお世話になるなんて夢にも思わなかった。


保険て大事だ。


入ったお金で今度は私にかけておこう。

そう思った。


姫を連れて相談へ行った。

担当したのは若い男性で結婚指輪をしていた。


事情を話すと動揺をしていたが、とても丁寧に気を使いながら説明してくれた。


今現在の貯金、収入、保険金、遺族年金など資産の把握。家賃、生活費、教育費、両親の現在の状況など、今後のあり得る支出の洗い出し。


いますぐに私が死んだら。


それは子供達のリスクだ。

なのにごめんね。

普通に想像できた。

しかも嫌な気がしなかった。


今後のこと、考えていないことがあった。

旦那っちと話し合いたかったが、

今となっては私一人で決めないといけない。


両親のこと。

二人で暮らしているが二人とも持病がある。

一緒には逝けないから一人になったときにどうするか。しかも近い未来の話だ。時間は待ってくれない。


もう一つは私もいなくなったとき、

誰が姫を育てるのか。


王子はなんとかやっていけると思う。

でも姫はまだ小学生だ。


義父母が育てるのか。王子が就職してたら王子が引き取ると言い出す場合もあるのかなぁ。

義妹と義弟はまだ結婚していない。いつかは家を出て行くだろう。

義兄は結婚していて姫の1コ下の息子がいる。兄弟みんな仲が良いからそこに行く可能性もあるのか。


姫にとって何が幸せなんだろう。。。


姫はよく「ママ死なないでね」と口にする。

「死なないよ」(でも死んじゃったらごめんね。と心の中で呟く)


ストレートな言葉はドキッとする。

なんだか心の中を見透かされてるようだ。


もろもろ考えて、資料を取り揃え、保険加入完了しました。王子が保険金受取人なので、保険に入ったことは報告済です。


これでまた一つ終わりました。

旦那っちに会いにいくために準備してるよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。