今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

こんなときに誕生日

母さん誕生日だね。また歳とったね。

王子が気づいて言ってくれた。

これから私だけが歳をとっていく。。。


王子は大学受験の真っ最中だった。

そんな中でこんな事態。


この日、センター試験の発表だった。

ダメだった。。。あーそうか。

一般で受かってればいいなと思っていたら、

あれ?あれ?って王子。

一般受かってる!

えっ?本当?!

やったー!って抱きあって喜んだ。

王子すごいよ、○○くん!

王子は旦那っちに自慢していた。


旦那っちのいとこが田舎から来てくれた。

兄弟も揃って賑やかだった。

旦那っちが大好きだったいとこや兄弟。

そこに旦那っちがいないことに気づいてしまった。

隣の部屋で眠っている。

話に入りたいだろうな。。。

悲しくなって涙が出そうになった。


王子がみんなに合格の発表をした。みんなからお祝いの言葉をもらい自慢げだった。

義母が旦那っちだって優秀だったと負けじと話をしていた。こういうカワイイ義母が私は大好きだ。


夜は王子の友達が来てくれた。久しぶりに話できて嬉しかった。ありがとね。

あとから友達ママも来てくれた。何もかわらないから、実感ないんだ。そう伝えた。

みんなが来てくれて、私の誕生日は寂しくなかったよ。


来年、まだ私が生きていたら、

○○くんと同い年になるのか。。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。