今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

天使になってもお友達


土曜日の昼下がり。

姫が突然、


「○○ちゃん死んじゃったねー」と言い出しました。


?!


なんの前触れもなく。

会話の流れでもなく、

唐突にです。

私はまだ話はしていませんでした。


一瞬どう答えようか迷いましたが、

「そうだねー」

と普通に返事しました。


すると、

「えっ?死んじゃったの?!」

と聞き返されました。


なになに?

今、自分で言ったよね?


「誰かから聞いたの?」

「誰からも聞いてないよ」


???


本当は知っていたのか、直接聞いたわけではないけど、誰かの会話が聞こえてきたのかはわかりません。


「パパと一緒だね。

お手紙書いてチーンしに行きたいね。」


そうだねー

やっと会いに行けるね。

次の日は予定があったので、来週行くことにしました。そして、伺った日に聞いたのですが。。。


姫が言い出した次の日が納骨の日でした。


そういうことか。。。


呼ばれたんだね。

すぐに行けなくてごめんね。


二人でお線香をあげに行きました。

姫はいたって今までと何も変わりません。

たくさんの飾られていたお友達の写真を見て、「○○ちゃんカワイイーー」と言っていました。


○○ちゃんのおもちゃで

○○ちゃんのお姉ちゃんと遊んでしました。

3人でいるように。


ママの気持ちは晴れることはなく、いまでも自分の決断したことが良かったのかわからないの。考えても答えが出ないと言っていました。


答えの出ない決断こそ辛いものはありません。私以上に深い悲しみがあるんだと思います。


姫ちゃんがもらってくれたら喜ぶわーと言って、お友達のぬいぐるみを一つもらいました。いつも一緒に遊べるね。


お友達ママは姫に聞きました。

「○○は姫ちゃんの夢に出てくる?」

「この前一緒に遊んだよ!」

「そうなんだー。ママの夢には出てこないの。今度出てきたら、ママの夢にも来てって言っておいてね」

「わかった!」

そんな会話をしていました。

いまでも姫はお友達と遊んでいます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。