今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

しばし死んだことを忘れる

最近旦那っちの食べるときの

くちゃくちゃする音が気になっていた。

食事のマナーは人一倍気にする人だったので、

ちゃんと教えてあげた。


「なんかくちゃくちゃ聞こえるよ。

ちょっと気にした方がいいよ。」

「本当?気を付けるね」

そう言っていた。


その話を義妹にしたら、

「言ってあげた?」

「うん、言ったよ。早食いだからかなぁ。

歳だからかなぁ。もう1回言ってあげよう」


???


あ、いなかった。

なんとも苦笑い。


なんかのきっかけで考え込んで、あーでこーで、もしかしたら私も力になれるかもしれない。よしっダメもとで聞いてみよう!


あ、もう死んじゃったんだ。

考えても本人いなかった。。。


そんなことがちょこちょこある。


まだなんとかしようとしてる。

出来なかったことを

どうにかしたいと思ってる。


私の思考回路には

生きてる旦那っちが組み込まれている。


現実逃避ができるようになって、

それ通り越して

もはや死んだことは

なかったことにしようとしてるかな?


自分のことなのに、

自分の頭の中がわからなくなってしまった。


どこかネジが外れたのか?


ネジどころじゃないか。。。


きっと原型をとどめていなかったろう。

大破してどこから手をつけていいのかわからなかったけど、かろうじて動いているから、思い出しながら少しずつ元の形に近づけてはいたものの。。。


所々、部品もネジもなくなった。

本来そこではない別の場所で、機能してるかわからない部品もあるだろう。

外れてしまった部品は代用品も使っている。


だから。。。同じようでも違うんだ。


私の頭の中は今までと同じようには動かない。

想像通りにはいかなくなったんだ。


旦那っち生きてる設定が

まだどこかに残ってる。


きっと動かなくて残された部品は、

たまに動き出すんだ。

だから私は勘違いしてしまうんだ。


嬉しいような悲しいような。。。

まだフワフワしてんだな。


しばらくは何もしないで

そのままでいよう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。