今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

悲しい夏フェス

ラララのおじさんが見たいがために

フェスに行ってきましたが、

撃沈しましたー。泣


フェスの一人参戦は経験済み。

その時一人でも楽しめたので、

しかも愛してやまないおじさん達が出るので、

ノコノコと私は行ってしまいました。


昨年旦那っちと行った場所へ。


王子と行きたかったけど、

友達と行くと言われ、

私は一人で行くことにしました。

(一緒に回るには体力がなかったので)



ゲートを見た瞬間に息をのみ、

いつもは上がる気持ちも下がる一方でした。



一人で来ているグループに混ぜてもらって、

少しの間一緒に音楽を楽しみました。

体を動かしたら

ちょっとだけ気分がよくなりました。

知らない人たちとの会話も

気負わなくていいので楽でした。


おじさん達は大トリだったので、

少しずつ前に行くつもりでしたが、

あまり気力もなく、

一番前のブロックにはたどり着けませんでした。

(王子は前から2番目で、

昨年私達が見た近さで楽しむことができました)


この前のプレミアムライブとは違いました。

おじさん達は悪くない。

この場所が悪かった。

思い出いっぱいの場所。

何度も一緒に楽しんだ場所。

私にはまだ早かった。

ハードル高過ぎた。


黒い私がニョキニョキ現れて、

(なんで私一人なんだろう。前回は旦那っちが前まで連れて行ってくれたのに。前のおばさんどけや見えん。今写真撮ってんじゃねーよ!マナー違反だ。そんなのもわかんねーのか。帰れよ!おじさんそのラブソングだけはやめてよ!それは不倫の歌だ!どうしても聴きたくないんだよ!)

汚い言葉で覆い尽くされて、

取り払おうと必死で無心になろうとして、

途中お地蔵さんになってました。チーン


最後はヤケクソになって

踊ったんですけどね。笑


帰りに王子達と会うことができたので、

一緒に帰りました。


王子達は朝早くから行って、

一日中遊び尽くしました。

憧れの人をあんな近くで見られて、

王子よかったね。

それだけは心から思いました。

(王子もラララのおじさんの大ファンです)


ぴょ「辛かったわー」

王子「午後から来といてそんなこと言う?」

ぴょ「体じゃなくて心が。

   来なきゃよかった。

   私にはハードル高過ぎたわー」


帰り道、正直な気持ちを話しました。


ぴょ「スネが痛いんだよね。なんでかなぁ」

王子「成長痛じゃない?」

ぴょ「もう成長せんわー」

王子「足じゃなくて心が」

ぴょ「。。。それなっ。

   心の成長なのになんで足痛なるの?」

王子「心の痛みが足にきてるんじゃない?」

ぴょ「んなアホな」笑


王子は私が成長してると

思ってくれているのかな。

だとしたら嬉しいな。


それにしても

また間違えたー


ぴょこりーん。

そんな場所に行くのは

まだはえーよ。


だって旦那っちだって

おじさん達出るなら

絶対行くでしょ?


行くじゃん!

絶対仕事なんとか休みにして行くじゃん。

王子や姫の運動会行かなくても

おじさん達には会いに行くじゃん!


自分だってどーせいたんでしょ

あの場所に。

隠してたってわかるんだから!

見えなくたってわかるんだから!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。