今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

告別式

今日は旦那っちを見ていられる最後の日。

朝、着いて旦那っちにおはようを言いに行ったら、ちょっと笑っていた。

義妹と義弟3人での宴、楽しかったんだね。


式が始まる前、緊張してきた。

喪主として私は挨拶があるからね。


告別式は前職場の女の子達も来てくれていた。家にみんなが作ってくれたアルバムがあったので、一緒に棺に入れてあげてくださいと頼んだ。


読経で木魚に合わせて、

私はバカバカと唱えていた。

お焼香が終わると最後のお別れが待っていた。


棺に入った旦那っちは、

やっぱり眠ったまま起きなかった。


私は今まで一緒に行ったチケットの半券と手紙を棺の中へ入れた。

子供達も書いてきた手紙を入れた。

父さんにバカにされるから、父さんの前では泣かないと言っていた王子が泣いていた。


お花を顔の周りに飾った。

姫が顔の上にお花を置こうとしたので、

笑ってしまった。

旦那っちも笑ったに違いない。


義母が「お母さんの○○ちゃん」と言った。

違うでしょと心の中でツッコミを入れた。

私のでしょと。

旦那っちの側をなかなか離れない義母に義妹が気を使って声をかけてくれた。

私は旦那っちの耳元で、○○くん大好き。

またね。待っててね。ありがとう。

誰にも聞こえないように何度も言った。


私は喪主として妻として挨拶をした。

こんなに早く喪主をすることになるなんて。。。

途中で涙がこみ上げてきたけど、

なんとか挨拶することができた。


出棺。

棺を車に納めた後、会社の人達にもう一度挨拶した。ありがとうございましたと。


火葬場へは、王子と私で霊柩車に乗った。

車内が寒かった。

寒いね。これが本当の霊気だねって、

私の口から冗談が出た。

私の挨拶どうだったときくと、

王子はやるやんと誉めてくれた。

私が頑張るときでしょ。


火葬場につくとすぐに案内された。

立派な火葬場で住宅街にあったので、

びっくりした。人が沢山いて、

ここが火葬場だなんて思えない場所だった。

こちらへと案内され、あっという間に

旦那っちが入った棺がしまわれた。

旦那っちの体が無くなってしまう。

現実味がなかった。


待合室で30~40分待つと出来上がりましたとばかりに呼ばれた。

旦那っちは大量の骨になっていた。

若いからしっかり残っていた。

すべて骨壺に納まるのだろうか。

分骨の小さな骨壺に入れたい部分を選ぶ。

王子は耳。

耳を身に付けておけば音楽聴きに一緒に行けるって。

私は足の親指が欲しかった。

大きな親指で引っ張ったら取れそうでよく取ろうとしていたから。

王子に話したら、何それと笑われた。


お骨を持って会場に戻った。

みんなで食事をした。

お腹は空くけど食欲はなかった。


家に戻ってきた。

葬儀が終わったと数人にメールした。

両親が泊まることになった。


王子に買い物に行ってもらって、

夜みんなでうどんを食べた。


私は食べながら考えていた。

旦那っち何時に帰ってくるかなぁ。。。

うどん食べるかなぁ。。。と。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。