今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

父と寝られる最後の日


8ヶ月前は

旦那っちと隣で寝られる最後の日


今日は父と寝られる最後の日だ

あの時とは少し違う


あの時は闇の中にいた

現実ではない夢の中に


今は違う

現実にいる

あの時のような

暗闇にはいない


父は生きようとしていた

それを私に見せた

生きることに執着していない私に

そこには意味がある


お前は生きろ

きっとそう言われたんだ


だから私は今ここにいる

母の側にいる


明日また喪主母の代わりに

挨拶することになっている


またか。。。


正直そう思うが

それは私にできること

父のために母のために

できること


だからやり切ろうと思う


これからのことも

助けを求めながら

やっていこうと思う


だって一人では生きていけないから


父が繋いでくれた人達を

大切にします

だから心配しないで

見ていてください


旦那っちにそちらのことは

聞いてみてね

そのくらいのことは

してもらいましょうw

旦那っち父を頼んだ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。