今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

一番頼りたい人

姫の運動会の途中

具合が悪くなり休んでいたら

悲しみにのまれそうになった


校庭の片隅の階段に座り

誰にも見られないように

涙をこらえた


風が吹いた

私の顔をなでるように

それでなんとか

耐えることができた


約束していたので

姫と一緒に帰った

ニコニコ嬉しそうな姫


姫をたくさん抱きしめて

いっぱい話を聞いて

二人でいっぱい笑った。

そして一緒に眠りにつきました。


私の元気の元


その日の夜

唯一ひとりになった時


気がゆるんだその瞬間

波にのまれた


声を出して

泣いて泣いて泣いて


私の口から出てきた言葉は


○○くん

○○くん、助けて。。。


旦那っちの名前だった

いない人に助けを求めた


父がいなくなって

のまれそうになって

旦那っちの名前を呼んで

旦那っちのことも思い出して

渦の中に落ちてしまった


落ちてしまったけれど

何度もくる波はあったけれど

8ヶ月前の私とは違った


ほんのちょっぴりかもしれないけど

あのときと同じではない


ちゃんと息を吸うことができた

そう


私は息を止めてしまうクセがある

でも苦しくならないように

呼吸ができた


息を整えることができた


大丈夫

できたから


大丈夫


私は大丈夫だ

そうでしょ?

旦那っち

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。