今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

お休み8日目~慣れ親しんだ土地を離れる&ダメージ

づがれ゙だーーー


なんだ?

この疲労感と倦怠感

めまいと足がガクガクする


朝8:40実家を出発して、

母を迎えに行った。

「このまま次の施設に行くよ。いい?」


そう聞くと母は

「いいよ」と言った。


高速バスは約1時間半

母は何度も「遠いね」と言い、

「友達になかなか会えなくなるわ」

寂しそうにそう言った。


なんとか寂しさが減るように

「○○さんとは離れちゃうけど、

 逆に近くなる友達がいるかもよ」

そう言うと母は

「そうかもね」と合わせてくれた。


向こうの最寄りの駅に着いたのは

12:00

お昼を食べることにした。


「久しぶりで美味しい」と言いながら

母はピザを食べた。

駅までお迎えに来てくれたので、

車を走らせること5分。

到着13:00


着いたら挨拶やら

看護士さんの往診を受けて、

なんやかんやで14:00


母には横になっててもらい

私は契約、説明、その他もろもろ。。。

終わったのが17:00だった。


その間に母は、

私が帰ってしまったのではないかと

不安になり、

自分も帰ると言い出した。

ここで暮らすということが

すっかり抜けてしまったようだった。


ごめんね。。。

不安になることが一番

パニックになるの知ってたのに


知らない人たちに囲まれて

記憶もおぼろげで

心細いよね。


でもスタッフの方達はみんな優しくて

母の手を取って

「今日は一緒にいようね」

そう言ってくれました。


そんな母を見てしまったから、

「明日も来るから!」

約束してしまいました。


姫のお迎えに行ったとき

義父に顔ひきつってるよと言われました。


帰宅19:00

姫は心配してたよと

私に抱きつきました。


ありがとう姫


気がゆるんだのか

めまいとダルさに襲われました。

あれ?

なんでこんなに疲れてるんだろう?

明日も朝に出発する

午後は姫の歯医者


大丈夫かな?


とりあえず介護をしている友達に

手続き終わったって報告をした。


よくやったねって

褒めてくれた。

彼女に言ってもらえると

励みになるのだ。

わかってくれる友達がいるのは

とても有り難いことなんだ。


ブログを書いている今

足も腕も顔も頭も心も

パンパン


寝たら治っていますように

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。