今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

姫のお友達ママに会う

姫のお友達のことは、

学校でみんな集まって説明された。

私はそのことをとても心配していた。


お友達とは保育園の時から仲良くしてもらっていた。ちびっこの2人はいつもお隣同志。

何をするにも一緒のことが多かった。

人見知りの私もママとは話しやすかった。

小学校に入ってクラスは違ったけど、昨年のお祭りは一緒に見て回った。2人ともとても楽しそうに仲良くはしゃいでいた。


学校から帰ってきて姫に聞いてみると、

「○○ちゃん、お熱でお休みしてるんだって」


。。。


理解できなかったのか、そう思おうとしているのか、小学1年生なりに何を感じたのかわからなかったので、私はそれ以上何も聞かなかった。


少し前に○○ちゃんのママが気がかりで一度ラインをしたが、まだ会いに行く勇気はなかった。


でもしばらくして私のところへサインがあった。

6年間勤めた職場ではじめて見た。

お友達と同じものを身に付けていた。

思わず声をかけてしまった。

学生さんでたった3日間だけのお手伝い。

このタイミング。

あ、今なんだと思った。


姫にはまだ話せていないので、

私一人でお線香をあげに行くことにした。


お家へお邪魔するとお友達の大きな写真がすぐに見えた。それだけで胸がいっぱいになった。

リビングにはパパとお姉ちゃんがいた。

静かな時間が流れていた。


私はお菓子をお供えしてお線香をあげて、

○○ちゃんにごめんねと伝えた。

お別れに行けなくてごめんね。

姫を連れてきてあげられなくてごめんね。

今度は必ず姫を連れてくるね。

そう約束した。


お友達のママは○○ちゃんと一緒にいる時の雰囲気のままだった。


まだ実感がないと言っていた。

それは私にもわかる。


だって昨日まで元気だったから。

お友達も旦那っちも。


そしてお互いに胸の内を話した。

とてもフラットに。

素直な気持ちを。


偶然にも同じ時期に家族を失い、

他の人には言えないことも、

言葉を選ぶことなく普通に話せた。


わかるとは口に出しては言わない。

まったく同じではないし。

でも経験者の言葉は誰の言葉よりも

私の気持ちを落ち着かせた。


帰った後、○○ちゃんママからお礼のラインをもらった。


○○は神様から7年間お借りした天使だったのではないかと感じています。


親子って生まれる前から繋がってるんだなぁ。

○○ちゃんはこのお家に生まれたことが、

一番の幸せだったんだと私は思います。


旦那っちはどうだったのかな。。。

幸せだったかな。

私幸せにしてあげられてたかな。

私じゃない誰かの方が良かったんじゃないかって思ってしまう。

普段は強気だけど本当の私は弱いんです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。