今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

長い一日~青天の霹靂

姫(娘)を呼ばなきゃ。

パパに会わせてあげなきゃ。


連れてきてもらうよう頼んだ。


旦那っちの胸に顔を寄せた。

旦那っちの匂いはしなかった。

薬の匂いがした。

頭以外はどこも怪我をしていなかった。

体の下に敷いているシーツが赤く染まっていた。

この状態で姫に会わせることはできない。

キレイにしてもらってから。。。


王子の腕にしがみついて、

死亡確認を聞いた。


部屋から出ると姫がおじいちゃんと手を繋いで

ポツンと立っていた。


「ママー!」


泣きそうな声だった。


パパのところへ連れて行った。

姫ごめんね、パパ死んじゃったよ。。。


「パパ、パパ起きてよパパ。。。」

もう目を覚ますことはないと、

わかっているのだろうか。


涙は出るけど、

頭がついていけなかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。