今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

長い一日がやっと終わる

すぐに家には連れて帰れなかった。

検視が終わらないと帰れないらしい。

明日の朝、警察へ迎えに行くことになった。


旦那の実家に葬儀屋さんが来た。

「どんどん決めなきゃいけないの。

 そういうものなのよ。」

病院で一番泣いていた義母は言った。


葬儀?

誰の?

頭がはたらかない。


よくわからないまま話が進んでいく。

日程を決めなくてはならなかった。

私がボーっとしていたら王子が、

「この日はダメだよ」

キツい口調で言った。

王子の言っているダメな日とは、

私の誕生日だった。


あ。。。王子ありがとね。

誰も気付かないよね。。。

自分の誕生日にお葬式やるとこだったよ。苦


「少しでもいいから食べな」

ずっと食べてなかった。

こんな時でもお腹は空く。

口に入れたはいいけど、喉を通っていかなかった。


王子と姫を連れて家へ帰った。


何だったんだろう。。。

疲れた。

横になりたい。


2時頃、自転車の音がした。

○○くん帰ってきた!

窓を開けて外を見たけど、誰もいなかった。


頭の中、ぐるぐるぐるぐる。

頭が痛い。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。