今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

満月の夜

夜ご飯を食べに外へ。


昨日はまさかのホテル内のイタリアン。

親戚が私たちが来るからと、

一緒にお墓参りに行ってくれました。

その後みんなで食事を。

父が車移動が大変だと考え出した答え。


今日は魚介が食べたい!

そう言ったら近くに回転寿司があるといって

かっ○寿司に連れていかれそうになりました。


それだけは勘弁!

なんでここまで来て。泣

父は地元でなんでもいいかもしれないけどさっ。


別府駅まで行けばお店がいっぱいある。

ヤダーと言って

ヘイ、タクシーしました。


タクシーのおじさんから情報収集。

父が知っているお店の話をすると、

いいお店知ってますね!とタクシーのおじさん。

同級生がやってたんだけど、

死んじゃったんだよねと父。


父の歳になるとみんな亡くなっていく。

寂しいよね。。。


私もいつかそんな歳がくる。

友だち大切にしなくっちゃ。


タクシーのおじさんの紹介で決めたお店。

こいのぼり





ヤダーって言って、

良かった。

ふーーっ

あぶない、あぶない。


美味しくいただきました。喜


親戚と一緒の席では

なんとなく出せなかった旦那っちの写真。


ごめんね。

やっと出せました。

こっち向いてと姫が言うので、

姫の隣に。


んーーー、

パパ大好き!

と写真を抱きしめる姫。


死んじゃったけどね!

アッケラカーン。ニコッ


寂しくても私に笑顔をくれる。


そうだね。

死んじゃったね。

でもパパずっと大好きだね!


みんなでパパの動画を見て、

笑いました。

パパおもしろいねーって。


お店を出たのが9時前。

少し散策して帰ると言って

父をホテルにかえしました。


旦那っちとは

よく夜な夜な散策していました。

まだ小さい王子を連れて。コラッ

そんなことを思い出しました。


ここに行きたいと王子に言って

連れて行ってもらうことにしました。


旦那っちの役割を王子にお任せ。

私は方向音痴なので

ついていくだけ。


グルグルして迷うけど

知らない街は楽しい。


やっと見つけた!


ノスタルジックな温泉

入るには時間が足りませんでした。

残念


そう。

こんな感じ。

ねっ


その日は満月でした。

守られているような

あったかい満月でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。