今日が人生最後の日

大好きな旦那っちに逢いに行くその日まで。。。

人の気持ちに触れる

母を無事見送ることができた


「またね」


私は笑顔で手を振った

母を乗せた車が

見えなくなるまで手を振った


行ってしまったら

涙が出た

家に入ってわんわん泣いた


前日カレーを作った

最後の晩餐

いつものように食事をした

いつも通りに


母はもうこの家で暮らすことはない

それを母はまだ知らない


母を見送ったあと、

近所の方に挨拶に行った


その時に言われたんだ

「元気出すのは難しいけど

 お母さん励ましてあげてね。

 ぴょこりんちゃんの息子さん立派だね。

 まだいいよ。

 うちは子供亡くして

 寂しいからね」


そうだった

数ヶ月前、

突然思い出したのは

このご夫婦の息子さんのことだった


思い出したのは

やっぱり意味があったんだ。


そうだ

ご夫婦から声をかけてもらったのは

私にとってとても意味のあるものだった。


父のお骨を持って

自分の家に帰った。

義母と姫が家の前で待っていた。


早急に母の住居を

決めなければならない


私は先日会った友達が

義父母を施設に入れていると聞いていたので

ラインしてみることにした。


彼女は私のことを心配してくれた。


彼女の経験から

介護は精神的にも体力的にも

余裕がなくなり

自分らしくいられなくなる。

経験者の話は

誰の言葉よりも重みがあった。


私ははじめて彼女が大変だったことを知った。


彼女と会ったとき

私の話には触れず(旦那っちが亡くなったこと)

自分の悩みを話した彼女

なんで?

と思ってしまった。


今回お互いの状況を伝えあって

わかったんだ。

彼女の力になってあげられなかったのは

私だった。


私より優しくて明るくて

一生懸命の彼女は

きっと一人で頑張りすぎてしまったんだ。

誰にも言えずに苦しんでいた。


「この前、ごめんね」

私は謝った。

彼女は「いいんだよ」と言ってくれた。


すべて繋がっている

そう

何気ない日常がつながり始めた


思っていたことが

本当に繋がっていく


人とのつながり


私はこれからも

誰かを頼って生きていくんだ


辛くても経験して

人の気持ちがわかる人間に

私はなりたい

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。